協立精工株式会社からのお知らせ

彩の国ビジネスアリーナに出展します!

国内最大級のビジネスマッチングイベント!  彩の国ビジネスアリーナ2020

 

1月29日(水)~1月30日(木)に行われる「彩の国ビジネスアリーナ」に出展します。

この展示会は、埼玉スーパーアリーナで行われ、約600社の企業・団体が参加する国内最大級のビジネスマッチングイベントになります。

弊社、協立精工は、加工技術・部品の分野で出展し、自動車部品や、家電、弱電部品で使用されるプレス加工部品を中心に展示する予定です。

出展ブースは「M-22

E1/E2出入口や講演会場(C)の近くです。

モーター部品やモーターケースなどの加工先をお探しの方も是非ご来場ください。

 

2020年01月23日

メディカルクリエーションふくしま2019に出展します

プレス加工,絞り加工

11月27日~11月28日に行われる「メディカルクリエーションふくしま2019」に出展します。

「精密絞り加工のことならお任せください」をテーマに、絞り加工品を中心に展示する予定です。

ご来場お待ちしております。

メディカルクリエーションふくしま2019のページはこちらから 2019年11月19日

FBC上海ご来場ありがとうございました。

FBC上海2019ものづくり商談会

先月10月22日~24日にかけて行われたFBC上海ではたくさんの方のご来場ありがとうございました。

中国の上海で行われた展示会でした。会場内の様子をご紹介します。

 

FBC上海会場入り口

入り口

FBC上海2019外観

 

 

 

 

展示ブース

協立精工の展示ブース。開場前の様子。

 

プレス加工の展示品 モーターケース等

こちらは比較的大きめサイズの展示品です。

自動車関連や家電関連のモーターケースで、素材は鉄、アルミ、ステンレスを使用、

トランスファープレス機を駆使した、深絞りプレス加工の製品になります。

 

 

プレス加工の展示品 ステッピングモーター部品、コネクター関連部品、振動モーター部品など

反対に小さいサイズの展示品です。

主にスマートフォンデバイスや携帯電話関連、コンデジのステッピングモーター等に使用されています。

 

 

 

3日間の開催中にご来場いただいたお客様にお礼申し上げます。

 

気になる展示品がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

 

2019年11月8日

第22回 FBC上海2019ものづくり商談会に出展します。

10月23日~25日に中国上海で行われる「FBC上海2019ものづくり商談会」に出展します。

協立精工グループの中国拠点である、

蘇州協理通精密五金有限公司

協立誉威精密五金(深圳)有限公司

協立精工(香港)有限公司

3社が出展します。

 

自動車部品や、家電、弱電部品でプレス加工製品をお探しの方。 モーター部品やモーターケースなどの加工先をお探しの方、弊社の精密深絞り加工でご協力いたします!たくさんのご来場お待ちしております。

 

2019年10月18日

いたばし産業見本市に出展します!

いたばし産業見本市

10月31日~11月1日に行われる「第23回 いたばし産業見本市 ~製造と加工技術展2019」に出展します。

自動車部品や、家電、弱電部品を中心に展示する予定です。

モーター部品やモーターケースなどの加工先をお探しの方も是非ご来場ください。

 

いたばし産業見本市のページはこちらから

 

2019年10月3日

FBC江蘇2019 ものづくり商談会in相城に出展します!

5月22日~23日に行われる「FBC江蘇2019ものづくり商談会in相城」に

蘇州協理通精密五金有限公司と協立誉威精密五金(深圳)有限公司

が出展します。

自動車部品や、家電、弱電部品でプレス加工製品をお探しの方。 モーター部品やモーターケースなどの加工先をお探しの方。

蘇州協理通精密五金有限公司と協立誉威精密五金(深圳)有限公司のブースにお越しください。 

 

ご来場お待ちしております。

ご来場案内

 

また、こちらの展示会では

中国国内リン酸亜鉛皮膜処理(部分処理)ができる企業様を探しています。

中国国内で調達可能な企業様がいらっしゃいましたら同じく、FBC江蘇2019ものづくり商談会in相城の

蘇州協理通精密五金有限公司と協立誉威精密五金(深圳)有限公司でお越しください。

 

2019年04月24日

FBC深セン2019 ものづくり商談会に出展します

3月28日~31日に行われる「FBC深セン2019 ものづくり展示商談会」に

協立誉威精密五金(深圳)有限公司

が出展します。

自動車部品や、家電、弱電部品でプレス加工製品をお探しの方。 モーター部品やモーターケースなどの加工先をお探しの方。協立誉威精密五金(深圳)のブースにお越しください。

場所は ホール5のD06

協立誉威精密五金(深圳)の自動車モーター部品、モータケースなどの精密プレス加工を駆使した製品をご紹介します。

ご来場お待ちしております

ガイドブックはこちらから 2019年03月13日

CI2018に出展します

 

ci2018

今年も、株式会社アイエムアイ様のパートナー企業として

6月29日(金)日立オートモティブシステムズ(株)厚木事務所様で開催されます

CI2018~Cost Innovation 2018

今年も出展させていただきます。

出展内容の一部をご紹介

今回の展示会でご紹介するのは、切削品からプレス加工品に工法転換した際、内径・外径の寸法公差管理が厳しい切削品をプレス加工品に工法展開した事例です。

プレス加工は一枚の金属板から様々な形状に加工する方法です。円筒の形状にプレス加工する際は深絞りと呼ばれる技術が必要となります。

深絞り加工を行う際、どうしてもフランジ部分に金属が寄ってしまい、上下の側壁の厚みを均一にする事は難しいのですが。。。

気になる方は、6月29日のCI2018~Cost Innovation 2018~にぜひお越しください。

ホームページからのお問い合わせも受け付けています♪

 

また、日立オートモティブ(株)様の展示会ということで、展示品は自動車関連のプレス加工品の展示も予定しています。弊社でプレス加工を行う比較的サイズの大きい物(φ100~130です。

皆様のご来場お待ちしております。

2018年06月9日

【協立精工の得意技術】切削加工からプレス加工への工法転換 のご提案

 

切削加工からプレス加工への工法転換  

金属の加工について、切削加工で行っていた複雑な形状をプレス加工に工法転換するのは可能なのでしょうか?

協立精工では切削加工でないと難しかった複雑な形状をプレス加工における難加工技術を取り入れ、品質安定を前提としたプレス加工への工法転換した実績がございますので、ここでは切削加工からプレス加工に工法転換のご提案について説明させて頂きます。

切削加工とは?

切削加工とは、材料である金属の塊を、切削(削り)しながら1つ1つ削り、欲しい寸法や形状に金属加工する方法を言います。

メリットとしては、1つ1つ金属から削りだして成形するため、複雑や形状の金属加工に適していると言われています。

デメリットとしましては、削る分の材料が必要であったり、金属の切削に時間を要するといった点があります。す。

プレス加工とは

対して、プレス加工はとは、一枚の金属の板をプレス(力を加えて)し、作りたい寸法や形状に金属加工する方法を言います。

プレス加工では金型を作ってしまえば、複雑形状であっても単純な形状であっても加工時間が変わらないため、大量生産が可能です。

また、1回にプレス加工できる量も多いため金属製品の品質も安定します。1枚の金属板を使うので、切削加工と比較しすると、削る分の材料も必要とする切削加工に比べ材料歩留りがよくなっています。

 

切削加工からプレス加工への工法転換

協立精工では、お客様との共同開発のもと、従来切削加工で製造されていた製品のコストダウンを図るためプレス加工へ工法転換できないか?金型の構造の見直しを行い、金型を製作しました。結果、高い精度が必要であった金属製品を、切削加工からプレス加工に工法転換することを実現させました。

これによりプレス加工による大量生産への置き換えに成功しコストダウンを実現しました。

プレス加工に工法転換するとコストダウンになる訳

先程も説明しましたが、プレス加工は、金型を作ってしまえば、単純な形状でも複雑な形状でも加工時間は変わりませんし、一度に大量の製品の加工が可能なため加工時間・工程を大幅に短縮することが可能です。加工時間の短縮・工程の適正化はコストダウンに大きく貢献します。

 

プレス加工に工法転換すると品質が安定する訳

プレス加工は1枚の金属板を使う金属加工の方法です。このためプレス加工で製作された製品は品質のばらつきが小さいと言われています。部品の品質の安定は製品の品質の安定にも繋がります。

 

プレス加工の工法転換 協立精工では・・・

プレス加工の工法転換 切削加工品をプレス加工化をについてご紹介いたしました。他にも類似例がございますのでお気軽にお問い合わせください。

2017年10月24日

【協立精工が解説!】プレス加工で使用するプレス機械の種類 vol.2

プレス加工,プレス機械,種類

 

リンクモーションプレス、ナックルプレス、リンクプレスとプレス機械の種類をご紹介しましたが、今回は協立精工の主力プレス設備であるトランスファープレスと順送プレスについて説明します!

 おさらい!プレス機械とは?

簡単に言うと、上下に取り付けた金型の間に金属などの被加工材を挟み込み、強い圧力を被加工材に加えて金型と同じ形状に塑性変形させる機械です。

一般にボルスタと呼ばれる部分に下金型をセットし、スライドと呼ばれる部分に上金型がセットされ、スライドの上下動により曲げや抜き、成形などの加工が行なわれます。

大きく分けて「機械プレス」と「液圧プレス」の2つに分類できます。

協立精工の主力プレス設備 トランスファープレス

トランスファープスとは、順番にセットされた多工程の金型内のプレス加工品を、1工程終わるごとに機械に付属されたトランスファー機構によりフィンガーでグリップし、自動で次工程へ搬送するプレス機械です。

トランスファープレス機の特徴

トランスファープレス機は、プレス加工品を自動で移動させていく搬送機構が必要なので、金型の製作や設計費用が余分にかかりますが、順送プレスと同じく大量生産に向いています。また、順送プレスに比べるとSPM(1分間の生産数)は劣ってしまいますが、歩留りは良いというメリットもあります。絞り加工などの形状変化の大きいプレス加工品にも向いています。

協立精工の主なトランスファープレス

トランスファープレス,プレス加工,オーサワエンジニアリング

トランスファープレス,プレス加工,200トン

トランスファープレス、プレス加工,オーサワエンジニアリング

 

協立精工の主力プレス設備 順送プレス

順送プレスとは、複数の工程が一つの金型の中に作られている順送り金型と呼ばれる専用の型を使用し、ロール状のコイル材から最後までプレス加工品を分離させずに加工していくプレス機械です。

順送プレス機の特徴

順送プレス機は、金型の設計や加工が複雑なため、金型の製作コストが高額になってしまいますが、1つの工程(1つのプレス)だけで複雑な形状のプレス加工品を作ることができます。

また、トランスファープレスより歩留りは良くありませんが、SPMを上げることが可能で、最も大量生産に向いています。

協立精工の主な順送プレス

順送プレス,プレス加工,アイダエンジニアリング

順送プレス,プレス加工,アイダエンジニアリング

順送プレス、プレス加工,アイダブルーダラ

液圧プレスとは?

液圧プレスとは、油圧や水圧などにより駆動する、金属部品をプレス加工(塑性加工)するプレス。水圧式より油圧式の方が広く普及。その理由は、製品のみならず機械自体のサビを防ぐことができ、制御性に優れた精度の高いプレス加工品を作ることが可能なためです。

協立精工では液圧プレスによる生産を行っておりませんが、プレス加工の種類として紹介させていただきました。

 

プレス加工で使用するプレス機械の種類 まとめ

このように、プレス機械はプレス製品の加工目的・精度・生産性などにより適した機械で製造することができます。

協立精工では、旭精機工業製やオーサワエンジニアリング製などのトランスファープレスや、アイダエンジニアリング製などの順送プレスを多数保有し、安定した品質管理のもと量産しております。

保有設備について詳しくはこちらをご覧ください

2017年09月28日
1 / 212